Le Château Lynch-Moussas, 100年に渡るファミリーヒストリー

1855年に格付けされたChâteau Lynch-Moussasは、1919年にジャン・カステジャが買収して以来、一世紀に渡りカステジャ家の家宝となっています。このシャトーはジャンから息子のエミールに、そしてエミールの娘シャンタルから息子のフィリップへと継承され、それぞれの時代でカステジャ家の人々はこの素晴らしいシャトーを尊重し、発展させ、近代化し、そして向上させてきました。

シャトーとそのスタッフの詳細はこちら

世界的に認められた土壌をもつ卓越したブドウ園

Château Lynch-Moussasの62ヘクタールのぶどう園はポーヤックとオー・メドックのアペラションに広がります。カベルネ・ソーヴィニョン75%とメルロー25%が植えられていて、100年に渡り丹念に手入れされたことにより今日では最良のシャトーの仲間入りをして輝いています。

Lynch-Moussasのテロワールとぶどう園の詳細はこちら

ぶどうの栽培からボトリングに至るまでの技術

土作りからブドウ栽培、醸造、醸造後作業、瓶詰めそして梱包に至るまでのあらゆる行程において、シャトーのスタッフはテロワールと環境に配慮しながら高い技術と情熱をもって作業を行っています。

Lynch-Moussasの醸造技術を見る

多彩なプロフィールを持つ、経験豊かなチーム。

フィリップ・カステジャが経営するシャトーのチームは、ポイヤックのブドウ畑とボルドーのオフィスに分かれ、それぞれのスキルを持つ約20人の従業員で構成されています。
En savoir plus sur notre équipe

個性的な2つのワイン

1855年に格付けされたポーヤックのChâteau Lynch-Moussasがもつ豊かなテロワールを最大限に引き出すために、エミールおよびフィリップ・カステジャは2001年にそのセカンドワインを造りました。オー・メドックのアペラションをもつLes Hauts de Lynch-Moussasは、シャトーを見下ろす小高い丘に植えられている若木のブドウで造られます。

主要ヴィンテージとその特徴を見る