テロワールとノウハウ

ポーヤック、
世界へ開く扉

ジロンド河の左岸、ボルドー市の北約50キロ地点に位置するポーヤックはメドックのアペラションの一つで、1200ヘクタール程の広がりのある地区です。ポーヤックでブドウ栽培が行われたのは古代ローマの支配下にあった時代です。18世紀以降、ポーヤックの町は急速な発展を遂げました。ポーヤックの港はメドックワインの最も需要な取り扱い港であるとともに、ブドウを原料としたすべてのアルコール飲料の輸出入を担う港でした。19世紀から20世紀にかけて、南アメリカに向けた大西洋横断の中継地の一つとなったポーヤックでは重工業(製鉄、原油精製)が発達し、世界へ通ずる扉となりました。

そして、格付けワインのテロワール

大西洋の東でジロンド河の西側の岸辺に位置し、北のサン・テステフと南のサン・ジュリアンに挟まれたポーヤックは海洋性気候の恩恵に浴します。ブドウ栽培に非常に適した微少気候に恵まれたアペラションです。1936年に原産地統制名称となったポーヤックには、今日40件ほどのシャトーがあり、そのうち18件が1855年に格付けされていることから世界的に知名度の高いアペラションとなっています。ポーヤック村の地質はジロンド河口と並行して走る砂礫質の段丘です。これは平均10メートル程の厚みのある第四紀にできた段丘で、始新世や漸新世時代の泥土や石灰岩を覆っています。ポーヤクの主な品種はカベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、プティ・ベルドー、カベルネ・フランおよびカルメネールです。

卓越したブドウ園

ポーヤックの中心部に62ヘクタールのぶどう園をもつCh Lynch-Moussasでは、非常に素晴らしいブドウが造られます。砂や粘土で固められたギュンツ氷期の大小の石を含む砂礫質の丘に植えられたブドウの樹は、そのテロワールのもつすべての富を表現するように丹念に育てられています。Ch Lynch-Moussasのブドウ園は、主要品種であるカベルネ・ソーヴィニョン(75%)とメルロー(25%)で構成されていて、他の数件の格付けシャトー(Ch Latour、Lynch-Bages、Pichon-Longueville Baron、Grand-Puy-Lacoste、そしてもちろんBatailley)と隣接しています。それがChâteau Lynch-Moussasの土壌とワインの品質の高さを裏付けています。

オー・メドックまで広がる豊かさ

2001年からCh Lynch-Moussasのスタッフは、シャトーを南に見下ろす丘に植えられているブドウの樹を利用しています。この丘はオー・メドックのアペラションの区画で、25年前後のカベルネ・ソーヴィニョンの若木がここに植えられています。この若木を利用してセカンドワインであるLes Hauts de Lynch-Moussasが造られています。この区画で収穫されたブドウはポーヤックの畑と全く同様の方法で醸造されます。土作り、施肥、耕作を始め、ブドウの樹の資質を開花させるために必要なその他すべての作業をファーストワインと同じスタッフが行うため、若木はその能力を十分に発揮します。オー・メドックのアペラションは1938年に認証され、サンテステフの北からブランクフォール市に至るまでのメドックの大半を占めるエリアです。それはポーヤックと同様に海洋性気候の恩恵に浴し、砂礫質の土壌です。オー・メドックの面積は4 600ヘクタールで、そこで栽培される主な品種はカベルネ・ソーヴィニョンとメルローです。

ブドウの樹の生命周期

立派なブドウを実らせるために、ブドウの樹は成長過程において果実の品質に影響を与えるいくつかの段階を越えなければなりません。主として2つのサイクルがあります:3月に始まり11月中旬に至るまでの成長期、そしてブドウの樹の休息期にあたる冬季です。

ブドウの樹の様々成長段階についてはこちら

樹液の出る時期から開葉期まで

3月上旬に植物の成長期が始まります。冬季に剪定が行われ、余分な枝が切り落とされます。冬が終わると枝を切り落とした部分から樹液が流れ出ることから、栽培者は根の活動が再開したことを見極めます。

3月末から4月上旬には枝に最初の新芽が現れ、そして発芽が起こります。新芽が発芽して新梢となり、そして4月に葉をつけます。葉は成長し、ブドウの樹の生命を司る器官となります。葉は、木々が生長するのに必要な光合成を担います。

次の成長段階を見る

結実期から色付き期まで

5月、ブドウの樹は多数の小さな蕾からなる房をつけます。その房は次第に大きくなり花が咲きます。5月末から6月上旬頃に開花の時期を迎えます。開花は通常8日から15日間続き、晴天で暖かい日々が続くと順調に終わりを迎えます。

6月上旬に結実して、花は枯れ落ち実がなります:ブドウの房です。ブドウの粒は大きく成長して色付き、緑色の粒はピンク色にそして青味を帯びた赤へと変化していきます。色付きは平均8日から15日かけて起こります。

収穫までの最後の成長段階はこちら

成熟期

8月から10月上旬は黒ブドウの成熟期です。ブドウは嵩を増し、ミネラルやアミノ酸そしてフェノール化合物を蓄積します。それと同時にブドウは糖分も蓄積します。糖と酸の量がある程度落ち着いたら、ブドウは適熟状態となり収穫期を迎えます。

E11月、初霜が降りる頃にブドウの樹は落葉し、翌年の3月まで眠りに入ります。樹液が再び降下すると、ブドウの樹の休息の周期が始まります。樹は次の成長期に入るまでの間、それまでに蓄えた栄養素で生命を保ちます。

四季を通しての土作りとブドウ栽培

土作りとブドウ栽培の作業は、ブドウの樹の生命周期に沿った四季のリズムで行われます。シャトーの栽培スタッフは、ブドウの樹の最良の要素を引き出すために、このサイクルに合わせて作業を行います。

Découvrir la vigne en fonction des saisons.

シャトーの栽培スタッフはブドウの樹の剪定を行います。これは、不要な枝を切り落とし、秋に収穫する実をつける若枝に成長する芽を選ぶ作業です。次に、ブドウの樹を仕立てるために枝を縛ります。また、この時期に、ブドウの樹が養分をより良く吸収できるように土作りをします。かなり前からChâteau Lynch-Moussasの土作りは変化しました。今日では機械で耕作します。このテクニックは、ブドウの樹の養分を奪い、その成長を妨げる雑草を環境保護に適したやり方で取り除く方法です。この機械を使った除草方法を上手に行うと、土を耕すことにより土の中に酸素を送り込み、土壌の構造を改善し、また水分の浸透を良くすることができます。この方法は、土の中の微生物の活動と土の生命を活発にすることによりブドウの樹の養分摂取を改善します。さらに、土の表面近くを這うブドウの樹の根を切断することにより、根が地中深く伸びるのを促します。Château Lynch-Moussasの畑で行う耕作の主たる目的は、より活き活きとした土壌を作ることです。微生物や昆虫が増えて豊かな土壌ができるのです。

土作りのあと、春にはブドウの樹の作業が始まります。

ブドウの樹に新芽が見られ、それが成長する春には、Château Lynch-Moussasの栽培スタッフはブドウの樹の不要な枝を取り除くエパンプラージュと呼ばれる作業を行います。次に新梢を取り除くことにより房の風通しを良くするエシャルダージュと呼ばれる作業を行います。5月から6月にかけてはブドウの樹の若枝を手なずけ、一面に枝を広げるパリサージュを行います。

夏の作業を見る

夏はロニャージュと呼ばれる刈り込み作業の季節です。これは樹液がブドウの樹の実のなる部分に集中するように伸びすぎた若枝を刈り込む作業です。そして、除葉を行った後に、収量を調整する目的でヴァンダンジュ・ヴェールと呼ばれる摘房を行います。これは、限られた数量のブドウの房を残し、残した房の成熟を容易にするためです。

秋の最終作業は何だと思いますか?

秋の9月は収穫の季節です。季節労働者の手をかりて全量手摘みで収穫します。9月中旬から10月末にかけてメルローとカベルネ・ソーヴィニョンのすべてのブドウは、成熟の進み具合に応じて別々に収穫されます。手摘みなので、適熟して完璧な状態のブドウだけを選んで収穫することができます。その後、選果台で2回目の選別をして、ブドウの房の状態を確認しながら、ワインの品質を損なう不純物を取り除きます。

Découvrir la vigne en fonction des saisons.

ワインの醸造とタンクでのアッサンブラージュそして熟成

収穫されたブドウは除梗し、果汁を得るために破砕します。Château Lynch-Moussasのブドウは、畑の区画別に個別のタンクで醸造されます。これはブドウのトレーサビリティを明確にして畑の各区画で行った作業データと照合し、今後の作業方針に役立てるためです。

ワインの発酵・浸漬を見る

発酵・浸漬

ブドウ果汁、果皮そして種子からなるマストを数日間低温かもしして、果実味、タンニン、アロマおよび色素を引き出します。低温かもし後、平均4日~6日後に温度管理装置のついたステンレスタンクでアルコール発酵が開始され、これは3~4週間続きます。その後、タンクからマストを取り出して、これを圧搾してワインから果皮および種子を取り除きます。果皮および種子を圧搾することにより得られたワインはプレスワインと呼ばれ、他のワインとは別に樽熟成を行います。アルコール発酵が終わると、第2次発酵と言われる乳酸発酵が始まります。この段階では、品種(カベルネ・ソーヴィニョンおよびメルロー)はまだ個別に扱われています。乳酸発酵が起こると天然の乳酸菌によりワインのりんご酸は乳酸に変わります。これらすべてが終了すると、澱引きと呼ばれる作業により、ワインから澱を取り除きます。畑の区画ごとに個別に醸造して、それぞれのタンクのワインを醸造過程で検査し、評価しているうちに、Grands Vin とセカンドワインのほのかな輪郭が得られます。そして、数ヶ月後にはこれがはっきりとしたヴィジョンになります。

ワインの熟成過程を見る

熟成

畑の区画の大きさに合わせた容量のタンクで醸造されたワインは、熟成蔵に運ばれ、そこでヴィンテージの品質やワイン(1stまたは2nd)に従って14ヶ月から24ヶ月の期間を過ごします。樽熟成によりワインの品質は向上し、新しいアロマも引き出されます。Château Lynch Moussasでは55%から60%の新樽を使用し、残りは1年樽です。フランスの主要産地のオーク樽で7件の樽メーカーのもの使用しています。樽メーカーにはそれぞれ特有の良さがあるからです。樽熟成の4ヶ月後にワインはタンクに戻され、アッサンブラージュが行われます。各ワインがそれぞれ決まったタンクに戻されると、カベルネ・ソーヴィニョンにメルローがブレンドされ、Grand Vinとセカンドワインの最高のアッサンブラージュが完成します。この作業の後でワインは樽に再び入れられ、熟成を終える1年後にボトリングされます。

ボトリングと外装を経て製品化へ

ワインが出荷できる状態になると、シャトーでボトリングされ外装が施されます。ボトルはカステジャ家が所有する全シャトー共通の固有なボトルです。底の部分に刻印があり、肩の部分が膨らみ、ネックの先端部分の直径が特別であるというように、多くの細かい特殊性があるボトルです。これによりChâteau Lynch-Moussasのワインは最適な条件で瓶熟成します。Château Lynch-Moussasはハーフボトル(37,5cl)からメルシオール(18 litre)まであらゆる容量のボトルで提供が可能です。コルクは入念に選ばれた高品質のコルクを使用しています。キャップはカステジャ家の紋章の入った独自のキャップで、強さの象徴であるとともにカステジャ家の人々を表す二頭のライオンが描かれています。このライオンは強さ、勇敢さそして気高さを象徴しています。